光回線の契約を変更しないかという電話勧誘について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は現在、フレッツ光を契約しています。プロバイダは契約当初、月々1,200円程度の契約でしたが、今はASAHIネットに変更し、キャンペーン期間で月々300円となっています。

フレッツ光の使用料金とプロバイダ料金を合わせて、だいたい5,000円で少しおつりがくるぐらいです。フレッツ光を利用していると、「auひかりに変更しませんか」とか、「今よりも月々の使用料金が安くなりますよ」という電話勧誘が頻繁にあります。

私は自分でいろいろと調べてどうやれば安くなるのかということも自分なりに調べているつもりです。もちろん今の契約が最善とは思ってはいませんので、契約満了したときに、他社に乗り換える必要があったり、より安いプロバイダを探したりという必要もあると感じています。

電話勧誘でまず多いのが、現在よりも安くなるというフレーズが圧倒的に多いです。電話勧誘のオペレーターはお客さんが月々6,000円程度の料金であることが前提になっていて、そこからこちらの聞き取りや意向をほとんど聞かないまま話をどんどん進めていってしまいます。

私はより安いものがあればという思いで話を聞いてはいるのですが、やはり月々6,000円の支払い料金が前提になっていることが全てです。もちろん月々の使用料金を完全に把握されていない方もいるので、そういう方にはかなり興味深い話にはなるのでしょうが、それにしてももう少しお客さんの話や意向を聞いてから、おすすめするようにしてもいいのではないかと思ってしまいます。光回線もたくさんの商品があるので、他人任せにはできないなと感じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*