3月の新生活シーズン前に知っておきたい最速の光回線サービス

3月は1年でもっとも人の移動が多い季節です。新生活といえば引越し。引越しと言えばネットを新たに引く必要がでてきます。

そこで、みなさんに3月前に知っておいて欲しいのが一番速い光サービスです。エリアは関東に絞られますが、下り2Gbpsと他社と比べて圧倒的な速度を誇ります。そのサービスの名はNURO(ニューロ)光と言います。

NURO光がおすすめの人には、オンライン対戦ゲームをよくする、動画サイト(HuluやNetflix)を存分に楽しみたいが当てはまります。光回線と言ってもプロバイダーによっては混雑する時間帯には実測で全然速度が出ない事はよくあります。NURO光ならそんなことはあり得ません。

NURO光を導入するにあたってまずエリアが入っていることが第一条件ですが、あとお住まいがマンションの場合も気を付ける必要があります。まだ5階建てまでのマンションにしか対応していないので、それ以上の高さのマンションでは工事ができなくて使うことができません。

運よくエリアに入っていた人には得するための加入方法をお教えします。同じサービスで同じ料金でも加入する入口が違うだけで、特典内容が大きく変わってきます。たとえばAという代理店なら特典で伽ssっフバック3万円なのに、Bなら2万円ということが平気であります。

損をしないためにはキャンペーンや特典の比較は必要不可欠です。私がNURO光を加入する際にはキャンペーン比較サイトを参考にしました。もし興味があるようでしたらこちらのNURO光キャンペーン比較サイトをごらんくださいな。

ヤフーを解約したいと何度か思ったけど…

元々はNTTの光回線とプロバイダーがヤフーということで契約していました。
でも、途中から別の会社に変えて、そこがプロバイダーもセットで、一本でいけたので、ヤフーが必要なくなり、二重支払いになるから解約したかったんです。

で、解約するために電話をしたんですけど、問い合わせの窓口はたらい回しで時間稼ぎばかりして、結局はもとの部署に…という繰り返し。
なかなか解約にたどり着けないように、作戦がくまれてて、ホントに解約はあきらめました。
まー、ヤフーのアイテムとかサービスもたくさん利用していたこともあり、しばらくは解約できそうもないし、このままで行くしかない…と思って、今もそのままなんです。

調べてみると、ヤフーは解約できないように、いろんな所をたらい回しにする、っていうんで、結局煙に巻かれてそのまま続けている人がほとんど。
インターネットのヤフーの解約について、を検索したら、たくさんのコメントが読めますよ。
結構みんな苦労してて、多分ほとんどの人がヤフーに関しては解約させてもらえてないですよ。

会社が生き残るためには、お客さんをずっと囲っておかなくてはならないから、どんだけ知恵を絞って、受付にマニュアル覚え込ませてんだ?って思いますし、誰も解約させてもらえず、どんどん大きくしているんだとしたら、むしろ、苦情もあの程度だということで、むしろ新しい会社ということがいえるでしょう。

普通はどんどん解約されて先細りになり、ギリギリお金がなくて倒産する、というパターンなのに、サービスも向上させながらお客を飽きさせないようにして努力をしているのがよくわかるし、私は元の光回線に戻すのをやめて、ヤフーにはこのまま契約を持続させようと考えが変わりました。
月々のコストも1300円くらいで、支払ってもその分のお金を損したとは思わない額ですから。

光回線の契約を変更しないかという電話勧誘について

私は現在、フレッツ光を契約しています。プロバイダは契約当初、月々1,200円程度の契約でしたが、今はASAHIネットに変更し、キャンペーン期間で月々300円となっています。

フレッツ光の使用料金とプロバイダ料金を合わせて、だいたい5,000円で少しおつりがくるぐらいです。フレッツ光を利用していると、「auひかりに変更しませんか」とか、「今よりも月々の使用料金が安くなりますよ」という電話勧誘が頻繁にあります。

私は自分でいろいろと調べてどうやれば安くなるのかということも自分なりに調べているつもりです。もちろん今の契約が最善とは思ってはいませんので、契約満了したときに、他社に乗り換える必要があったり、より安いプロバイダを探したりという必要もあると感じています。

電話勧誘でまず多いのが、現在よりも安くなるというフレーズが圧倒的に多いです。電話勧誘のオペレーターはお客さんが月々6,000円程度の料金であることが前提になっていて、そこからこちらの聞き取りや意向をほとんど聞かないまま話をどんどん進めていってしまいます。

私はより安いものがあればという思いで話を聞いてはいるのですが、やはり月々6,000円の支払い料金が前提になっていることが全てです。もちろん月々の使用料金を完全に把握されていない方もいるので、そういう方にはかなり興味深い話にはなるのでしょうが、それにしてももう少しお客さんの話や意向を聞いてから、おすすめするようにしてもいいのではないかと思ってしまいます。光回線もたくさんの商品があるので、他人任せにはできないなと感じます。

快適なフレッツ光生活

家庭用のブロードバンド経験はフレッツADSLからで、それからというもの色々な場面でインターネットを有効に利用させて貰っています。当時は容量の大きいファイルも今ほど無かったので、実測1.5Mbps程度の速度でもまぁまぁ快適でした。その後ADSLも次第に理論値での速度は上がって行きましたが、当方はやや遠隔地でしたので、速度向上の恩恵は受けられませんでしたね(笑

しかしながら、ADSLで何より困ったのが回線の安定性。悪天候時。特に雷のなる時は回線が落ちる落ちる。オンラインゲームにおいては、まさに絶望の瞬間です。調べて行くうちに保安器が不調とのことでアフターサービスにて交換して貰ってからはそこそこ良くなりましたが、次第に原因不明の不調に陥り、施工業社さんの調査の末に、遂には屋外配線まで交換するに至ったのですが、とうとう調子が良くなることはありませんでした。

その後別の事情で引越しまして、新居ではなんと憧れのフレッツ光対応地区とのことで、早速工事をお願い。晴れて、フレッツ光環境になったのです。因みにプロバイダーはToppa!で、集合住宅なのと各種割引適用で、月額合計4,500円程です。当然LAN環境にしてWi-Fiも飛ばしていますので、スマホのモバイルデータ通信量も月に1GB程度しか使用しないので、毎月持ち越して3GBの容量がが常に5GBになっています。MVNOのSIMに変更しているので、自宅とモバイルの通信通話料金両方合わせても約8,000円と、これには助かっています。

また、当然ですが安定しています。回線落ちは無くなりました。速度は実測15Mbpsくらいですが、以前との比較で随分と早くなっており、あわせて満足です。

この環境になれると、不安定な回線は文字通り不安になりますね(笑

スマホが普及してきた今こそ光回線で節約

スマホの普及により、自宅用のネット回線を引かない人達が増えてきました。
確かに、スマホがあればパソコンが無くてもWEBサイトは閲覧できますから、ネット回線がなくても不便はありません。
そうであれば、節約のために自宅にわざわざネット回線を引くこともないというわけです。

ただ、場合によっては、自宅にネット接続用の回線を
引いた方が節約につながることもあるのです。

現在私はフレッツ光のマンションタイプを利用しています。妻と2人暮らしでそれぞれがスマホを利用していますが、二人共格安スマホで、1ヶ月2ギガ程度しか利用できない契約です。
スマホを存分に使用しているため、通常ですと2ギガでは足りません。
ただ、自宅ではスマホからネットへの接続はWi-Fi経由でフレッツ光回線で行うように設定していますので、実質格安スマホ回線を使用するのは外出時だけなのです。
外出時だけであれば2ギガもあれば十分です。

家にWi-Fi環境を構築できるため、スマホに関しては格安プランで十分なのです。
フレッツ光の回線料金は十分に基がとれていると重います。
家族が多くなって、スマホを使用する人数が多ければ多いほど、自宅に光回線を引いてWi-Fi環境を構築するメリットはでてくるでしょう。

自宅でスマホが使い放題となると、気軽に動画を見たりすることもできて、ストレスを感じません。
自宅に光回線がなかったら、とてもじゃありませんが長時間の動画を閲覧することなどできないでしょう。

節約のためにも、スマホをストレス無く使用するためにも自宅に光回線を引くメリットは十分にあるのではないでしょうか。

フレッツ光で映画をがっちり楽しむ

一家に1台パソコンがあって、それを家族で共有してインターネットに接続していたのが嘘のように、今では家族一人一人がスマートホンを所有して、家の内外を問わずにインターネットに接続しています。

このような環境になると、今度は住宅にインターネット用の回線を引く必要性を感じないという人達も出てくるでしょう。果たして、家庭にインターネット用の回線を引く必要は本当にないのでしょうか。

答えはNOです。
今こそフレッツ光などの高速回線を自宅に引くべきなのです。

今年に入ってから、様々な魅力的な定額動画サービスが始まりました。
Netflixやアマゾンプライムビデオ。また以前からサービスが開始していたけれど今年に入って充実度がましてきたhulu。

いずれも、月に1000円にも満たないような金額で動画を定額で自由に楽しむことができます。
また、定額ではありませんがAmazonインスタントビデオやiTunesなどを利用すると、家にいながらにしてすぐに最新の動画をレンタルすることができます。
大雨で予定がなくなってしまい、家で暇な時などは定額動画サービスを見たり、前から見てみたかったヒット映画をレンタルすることが家にいながらにして可能になりました。
ネット回線を利用して動画を見るのが当たり前になったのが2015年と言えるのかもしれません。

これら動画サービスは全て高速回線が無ければ楽しむことができません。
これからどんどん魅力的な動画サービスが出てくることでしょう。
それらのサービスを存分に楽しむためにも、今こそフレッツ光などの高速回線を自宅にひくべきではないでしょうか。